このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

第37回日本アカデミー賞授賞式
第37回日本アカデミー賞授賞式について
◆会長特別賞・追悼
photo
2013年に亡くなられた映画人の方々で、授賞式にてご紹介した方々を、あらためてご紹介いたします。
映画とともに歩み、映画業界の発展に貢献された方々です。
日本アカデミー協会はここに謹んで哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈りいたします。
◆復興支援レポート

photo
映画で東北を応援していきます!
昨年から始まった岩手県宮古市での《第2回みやこほっこり映画祭》に第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞三作品を提供しました。
映像は第37回の授賞式でその模様を紹介した映像です。
レポートはこちら

第37回授賞式レポート
ぴあ特別会員による第37回授賞式レポート
第37回日本アカデミー賞 優秀賞発表・記者会見レポート

第36回授賞式レポートはこちら

お知らせ
ぴあ特別会員による映画レポート

日本アカデミー賞協会では、第29回より雑誌weeklyぴあとタイアップし「ぴあ特別会員」5名を選出しています。その年の「優秀賞」に投票、翌年の授賞式に出席出来るという貴重な会員権であり、自分で選んだ作品が「最優秀賞」を受賞するのか?を会場で直接ご覧になれる!という素晴らしい権利を勝ち得た方々で構成されます。
4月より、「ぴあ特別会員」には、毎月、映画のレポートをしていただきます。

(「ぴあ特別会員」の募集は、WEBぴあで毎年秋以降に実施しております。一般の人が、『日本アカデミー賞協会会員』になれるのは、この「ぴあ特別会員」になるしかありません。是非、皆様も次回ご応募下さい)

早川和希さん(女性/20代)

「泣く男」

作品のレポートがついに最後ということで何を書こうか迷ったのですが、最近、韓国映画が気になっているので「泣く男」という韓国の作品を紹介しようと思います。この映画は2010年、韓国興行収入No.1の作品「アジョシ」(11)のイ・ジョンボム監督の最新作になります……
続き
小室明子さん(女性/30代)

「まほろ駅前狂騒曲」

この作品は「まほろ駅前多田便利軒」(11)の続編ですが、前作とドラマ版『まほろ駅前番外地』(13 テレビ東京)が大変興味深い話だったので、今回はどんな話かと楽しみにしていました。仕事は極力引き受けるのが信条の多田(瑛太)といつも何考えているかよくわからない……
続き
Shioriさん(女性/20代)

「ザ・テノール 真実の物語」

私は歌を題材にした映画が大好きで今年も何本か観賞していますが、ヨーロッパの作品が多く、特にオペラを題材にした作品は歴史の違いもあってかアジアの作品に出会うのは非常に珍しいです。本作は、実話を元に作られた作品で日韓共同製作の韓国映画です……
続き
過去の受賞者・作品を振り返ります