このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

速報
第40回日本アカデミー賞授賞式について
日時:3月3日(金)
場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール

司会:西田 敏行(日本アカデミー賞協会 組織委員会 副会長)
   安藤サクラ(第39回最優秀主演女優賞「百円の恋」)

プレゼンター(第39回の最優秀賞及び話題賞受賞者)

足立 紳(脚本)、安藤サクラ、大関泰幸(編集)、黒木 華、是枝裕和(監督)、齋藤優一郎(アニメーション作品)、
瀧本幹也(撮影)、二宮和也、花谷秀文(美術)、藤井稔恭(照明)、松陰信彦(録音)、本木雅弘、
百田夏菜子/ももいろクローバーZ(話題賞)、山口一郎/サカナクション(音楽)、ワーナー・ブラザース映画(外国作品)以上登壇予定

副賞協力:ジャガー・ルクルト
協賛:イオンフィナンシャルサービス、宝酒造


第40回授賞式レポート

ぴあ特別会員による第40回授賞式レポート

第40回日本アカデミー賞 優秀賞発表 記者会見レポート


「第40回日本アカデミー賞授賞式」関連番組 【テレビ】(放送予定)
2月25日(土) 10:30~11:25
「もうすぐ発表!日本アカデミー賞まるわかり完全ガイド」/日本テレビ

3月3日(金) 20:00~20:55
上記「もうすぐ発表!日本アカデミー賞まるわかり完全ガイド」の再放送/CS・日テレプラス

3月3日(金) 21:00~22:54
「第40回日本アカデミー賞授賞式」/日本テレビ系(全国29局ネット)

3月4日(土) 21:00~23:00
授賞式「地上波版」の再放送 /CS・日テレプラス

3月19日(日) 21:00~24:30(予定)
「完全版」(地上波版に未公開の映像を加えたもの)/CS・日テレプラス

4月14日(金) 24:00~27:30(予定)
上記「完全版」(地上波版に未公開の映像を加えたもの)の再放送/CS・日テレプラス

【ラジオ】(放送予定)
3月3日(金) 22:00~24:00
「オールナイトニッポンGOLD 第40回日本アカデミー賞スペシャル」/ニッポン放送(全国ネット)

優秀賞・新人俳優賞受賞作品上映会 優秀賞・新人俳優賞を受賞した作品を一挙上映いたします。
「映画人の選んだ映画賞の作品」を授賞式前に改めてご覧いただける機会です。


優秀賞受賞作品上映会 【日程】2月18日(土)~ 2月24日(金)
【料金】各回1,100円
【場所】T・ジョイPRINCE品川
photo

新人俳優賞受賞作品上映会 【日程】2月25日(土)~ 3月3日(金) 連日モーニングショー
【料金】各回1,000円
【場所】渋谷シネパレス
photo

第39回授賞式レポートはこちら

お知らせ
  • ● 第40回 日本アカデミー賞 新人俳優賞企画「New Cinema Face 2017」が始まりました。 詳しくはこちらへ(2017.2.22)
  • ● 第40回 日本アカデミー賞話題賞が決定致しました。 詳しくはこちらへ(2017.2.10)
  • ● 第40回 日本アカデミー賞特別賞関係の受賞者が決定致しました。詳しくはこちらへ(2016.12.19)
  • ● 公式パンフレットで振り返る「日本アカデミー賞の歴史」のページを公開しました。詳しくはこちらへ
  • ● 新規会員に関して
    会員入会資格に関しては、「日本アカデミー賞とは」のページ内、「3.協会組織 ■協会会員資格」に掲載しております。
    希望の方は、職種を照らし合わせて、各職能協会又は当協会までご連絡をください。詳しくはこちらへ
  • ● 謹んで、高倉健さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2014.11.18)
  • ● 謹んで、三國連太郎さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2013.4.15)

ぴあ特別会員による映画レポート

日本アカデミー賞協会では、第29回より雑誌weeklyぴあとタイアップし「ぴあ特別会員」5名を選出しています。その年の「優秀賞」に投票、翌年の授賞式に出席出来るという貴重な会員権であり、自分で選んだ作品が「最優秀賞」を受賞するのか?を会場で直接ご覧になれる!という素晴らしい権利を勝ち得た方々で構成されます。
4月より、「ぴあ特別会員」には、毎月、映画のレポートをしていただきます。

(「ぴあ特別会員」の募集は、WEBぴあで毎年秋以降に実施しております。一般の人が、『日本アカデミー賞協会会員』になれるのは、この「ぴあ特別会員」になるしかありません。是非、皆様も次回ご応募下さい)

はるかさん(女性/25歳)
「ぴあ特別会員に選ばれました」というメールを受け取って一年。今まで以上にたくさんの映画に映画館で触れあえた幸せな一年でした。もともと映画館ではどちらかというと迫力のありそうな映画を……
続き
後藤早苗さん(女性/30代)
2016年の国内の映画興行収入は過去最高となり、6年振りに記録を更新したというニュースは皆さんの記憶にも新しいと思います。私自身、2016年はこれまでの人生で一番多くの映画を観た年となりました……
続き
髙安 杏さん(女性/19歳)
映画は私の人生に多くのきっかけをくれました。ぴあ特別会員として活動できたことも映画が好きだったからこそであり、この1年間は映画がくれた贈り物だと思うと一生忘れられない日々になりました……
続き
阪本佳純さん(女性/20歳)
去年の今頃のことですが、ぴあ特別会員に選ばれたときはとても嬉しくて、会員証が届いてすぐ映画館に駆け込んだことを覚えています。それから一年間、とても楽しく映画を観ることができ、あっと……
続き
陳 珍九さん(女性/38歳)
今だに信じられません。自分が日本アカデミー賞ぴあ特別会員に選ばれ、この公式HPに映画レポートを書いていたなんて…。でも読み返すと、鮮やかにこの一年の事を思い出します……
続き
過去の受賞者・作品を振り返ります