第12回日本アカデミー賞優秀作品一覧に戻る
日時: 1989(平成1)年3月17日(金)
場所: 東京プリンスホテル
司会: 武田鉄矢/かたせ梨乃

優秀作品賞
最優秀賞/優秀賞
(C)1988 角川大映

最優秀作品賞 「敦煌」


未だ多くの謎を残すシルクロードの遺跡「敦煌」。この中国西域の要地を題材として、我が国を代表する作家、井上靖が描きあげた歴史的ロマンを、45億円という製作費を投じて映画化したスペクタル大作だ。製作にあたっては、中国の国家的な協力を得て、現地=敦煌でのロケを敢行、15年の構想が、ここに実現した。(大映=電通/丸紅)

優秀作品賞 「異人たちとの夏」


幼い頃、死に別れた両親との再会。そして自分が死に追いやった隣人との恋-もはや、この世の人ではない“異人”たちとの交流を通じて、現代人が忘れさってしまった、と同時に今も追い求めている優しさを描いた異色作。さらには風間杜夫、名取裕子、秋吉久美子に加えて、片岡鶴太郎というユニークなキャスティングでも話題を呼んだ。(松竹)

優秀作品賞 「ダウンタウンヒーローズ」


昭和23年、戦後の学制改革によって最後の旧制高校生となった若者たちの最後の高校生活を描いた作品。「夢千代日記」などで知られる脚本家、早坂暁が自らの旧制松山高校時代をふりかえて書き下ろした自伝的小説を、同年代の山田監督が脚色、製作した。終戦後間もない四国松山を舞台にバンカラな学生たちの生活がいきいきと綴られていく。(松竹)

優秀作品賞 「華の乱」


日本が最もヴィヴィッドでフレキシブルだったともいわれる大正時代を舞台に、そこを生きた与謝野晶子、有島武郎、松井須磨子などをはじめとする実在した人物を登場させながら、あくまでフィクションとしてのドラマを構成したという意欲作。現在の日本映画を代表する二大女優、吉永小百合と松坂慶子の顔合わせも大きな注目を集めた。(東映)

優秀作品賞 「優駿」


“走るために生まれ勝つために生きる”サラブレッド。この選ばれた一頭の馬の成長を軸に、そこに交錯する様々な人たちの思いを描いた感動作。北海道の大自然を背景に、この世に生を受けたものが生き続けていくことの素晴らしさを讃えるかのような美しい物語は、年代を超えた共感を巻き起こし、大ヒット作となった。(フジテレビ=仕事)
優秀監督賞
最優秀賞佐藤純彌(敦煌)


「植村直己物語」で第10回の優秀監督賞を受賞している佐藤氏。スケールの大きな人間ドラマをまとめあげる手腕には定評がある。「未完の対局」の演出は中国でも評価が高く、ゴビ砂漠で行われた「敦煌」の撮影でも、中国側のスタッフの尊敬を一身に集めていたという。このため、過酷な条件の中での共同作業もスムーズに運び、難しいシーンも迫力あるものに仕上がった。(1932年 東京都)
優秀賞伊丹十三(マルサの女2)


昨年、「マルサの女」が9部門の最優秀賞を独占し、アカデミー賞に「マルサ」旋風を巻き起こした伊丹氏。今年は、その続編「マルサの女2」での受賞だが、「パート2というのは、1の2倍面白くなければ、お客さんは納得してくれない。そういう意味では本当に苦労した」と語っていた甲斐があってか、作品は大ヒットした。1989年も意欲的に映画製作を続けていくという。(1933年 京都府)
優秀賞大林宣彦(異人たちとの夏/日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群)


ユニークな発想で新しい映画づくりを続けてきた大林氏だが、もうすっかり自分のスタイルを確立したといってもいいのではないだろうか。とくに昨年は「異人たちとの夏」で、今までの独立系ではなく初めて松竹のスタジオのスタッフと組んで仕事をし、成功した。また「日本殉情伝おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」にも、いつもの大林カラーが映し出されている。(1938年 広島県)
優秀賞深作欣二(華の乱)


第6回そして第10回では最優秀監督賞を受賞。このほか2回、優秀賞も受けている。いまや日本で最も実力ある映画監督のひとりといっても過言ではないだろう。今回の受賞作「華の乱」では、華麗なキャストを巧みに演出し、ロマンあふれる大正の時間と空間をスクリーンに描き出した。その凄まじいまでの映画に対する情熱は、ますます強く燃え盛っているようだ。(1930年 茨城県)
優秀賞山田洋次(男はつらいよ 寅次郎物語/ダウンタウンヒーローズ)


日本アカデミー賞は、第1回の最優秀監督賞を受賞したほか、2度優秀監督賞も受けている。自らの青春と同じ時代を背景とした今回の受賞作「ダウンタウンヒーローズ」の映画化は、「長年の夢だった」という。ライフワークともいうべき「男はつらいよ」シリーズも「寅次郎物語」で39作目。40作目も公開された今年は、山田監督にとって、ひとつのくぎりの年となりそうだ。(1931年 大阪府)
優秀脚本賞
最優秀賞市川森一(異人たちとの夏)


一般的には放送作家として知られる市川氏。しかも受賞作「異人たちとの夏」では、同じく放送作家である山田太一氏の小説を脚色するという方法で台本を完成させた。古くからの映画青年としては、この「脚色」という言葉のほうに「脚本」よりも強く郷愁を感じてしまい、また長年使われていなかった呼称であることを知ったため、「脚色」ということにこだわってみた、という。(1941年 長崎県)
優秀賞伊丹十三(マルサの女2)


昨年の最優秀賞受賞に続いて、2年連続の脚本賞。今回の「マルサの女2」では、前作の重要な要素となっていた国税局査察部とともに、現代の日本経済に大きな影響を及ぼしている影の勢力 “地上げ屋”を徹底的に取材。その暗躍ぶりを、スリリングかつコミカルに、エンターテイメントとしてまとめあげた。意外なテーマを、あまりに映画的なものにしてしまう手腕は絶妙だ。(1933年 京都府)
優秀賞森田芳光(バカヤロー!)


本当に言いたいことを言えずに耐え続けている現代人。将来のことを思い自分をおさえている人たちが、ついに耐えきれなくなったとき口から発してしまう「バカヤロー!」。これをキーワードに、まったく違うシチュエーションの4つのストーリーをオムニバスとしてまとめあげた森田氏。ユニークな発想で知られる彼ならではの痛快な作品だった。第7回、第10回に続く脚本賞受賞。(1950年 東京都)
優秀賞深作欣二/筒井ともみ/神波史男(華の乱)


受賞作「華の乱」は、与謝野晶子、有島武郎、大杉栄などの実在した人々を主要な登場人物としながらも、そのストーリーは、まったくのフィクションとして再構築したもの。第10回の最優秀脚本賞を獲得した深作・神波のコンビに第9回の優秀賞受賞者筒井が加わり、大正の日本をフレッシュに描いた。(1930年 茨城県)(1948年 東京都)(1934年 東京都)
優秀賞山田洋次/朝間義隆(ダウンタウンヒーローズ/椿姫/男はつらいよ 寅次郎物語)


「男はつらいよ」シリーズで知られる、この二人は第1回、第4回の最優秀脚本賞を受賞している。昨年は「寅次郎物語」と並んで、「ダウンタウンヒーローズ」、そして朝間が監督した「椿姫」と3作を通じて、日本人なら誰でもが根源的に持っている感性に訴えるものを感じさせてくれた。(1931年 大阪府)(1940年 宮城県)
優秀主演男優賞
(C)日本アカデミー賞協会
最優秀賞西田敏行(敦煌)


第10回に次いで、2度目の優秀主演賞。前の受賞作「植村直己物語」と同じく、今回の「敦煌」でも背景となった大自然に埋もれることなく、人間ドラマの主体として描かれた役柄を見事に演じきった。その雄大なスケールを感じさせる演技は、第5回、第8回と2度も優秀助演賞を受けているほどの確かなテクニックが支えているのだろう。(福島県出身)
優秀賞風間杜夫(異人たちとの夏/華の乱)


第6回、第7回と2度、最優秀助演賞を受賞しているが、主演賞を受けたのは初めて。今ではすっかり中堅男優としての地位を確立し、今回の受賞の対象となった2作でもまったく違ったカラーを持つ作品でありながら、それぞれでしっかりと自らの個性を発揮してみせた。とくに「華の乱」では、大杉栄という歴史上の人物に斬新なイメージを吹きこんだ快演だった。(東京都出身)
優秀賞陣内孝則(疵/極道渡世の素敵な面々)


昨年に続いての優秀主演賞受賞。フレッシュなキャラクターで、任侠映画に新しい世界を切り開いたといってもいいだろう。そのヤクザぶりは、「極道渡世の素敵な面々」(原作は安部譲二氏)でも共演した「疵」の企画者、安藤昇氏にも気に入られたほどだったという。若手男優の中でも、確実な成長をみせてくれている一人だ。(福岡県出身)
優秀賞ハナ肇(会社物語)


日本の喜劇映画の歴史にひとつの歴史を築いたクレージーキャッツ。彼らが、昭和30年代に大きな人気を集めた「無責任」シリーズに登場したキャラクターの今日の姿を、自ら演じたのが「会社物語」だ。高度経済成長を支えたサラリーマンにとっての「会社」、そして「定年」をテーマとしたこの映画で主役を努めたハナは、かつての自分の分身をペーソスを込めてしみじみと演じた。(東京都出身)
優秀賞松田優作(嵐が丘/華の乱)


第3回、第7回、第9回に続いて4度目の優秀主演賞受賞。かつてのアクション・スターというイメージに比べて、最近では大きくその役柄を広げているが、今回の受賞の対象となった大作「華の乱」、そして異色作「嵐が丘」でも、それぞれ複雑な背景を持つ役柄を巧みに演じきり、映画俳優として積み重ねてきた努力の成果と実力の程を見せつけた。(山口県出身)
優秀主演女優賞
(C)日本アカデミー賞協会
最優秀賞吉永小百合(つる-鶴-/華の乱)


優秀主演賞は5度目の受賞。最優秀賞も1度、受けている。昨年は、映画出演100本を記念して特別に企画された「つる-鶴-」ではファンタジックな民話の主人公を、また「華の乱」では強い意志を持ちながら運命の綾に翻弄される大正の女、与謝野晶子を演じ、ますます女優としてのスケールを大きなものにするとともに、これまで以上の魅力を発揮してくれた。(東京都出身)
優秀賞斉藤由貴(「さよなら」の女たち/優駿)


日本アカデミー賞は、第10回の新人俳優賞を受けて以来、昨年に続いて、優秀主演賞を受賞。めざましい活躍ぶりを見せてくれている。テレビや舞台でも大きな人気を集めているが、スクリーンの上でも、1988年は「『さよなら』の女たち」「優駿」と主演した2作は、ともに大ヒットを記録した。もはや日本の国民女優の一人と呼んでもおかしくない存在だろう。(神奈川県出身)
優秀賞松坂慶子(女咲かせます/椿姫)


今回で12回を数える日本アカデミー賞史上、じつに8回目になる優秀主演女優賞の受賞。最優秀賞も2度、受けている。現在の日本映画界を代表する女優の一人といっていいだろう。昨年は、「女咲かせます」の女スリ、「椿姫」のオペラ好きな芸者と、華やかでありながら、庶民にも親しみやすい役柄を演じてみせた。また、「華の乱」の松井須磨子も強烈な印象を残した。(東京都出身)
優秀賞宮本信子(マルサの女2)


昨年、最優秀主演女優賞を受賞した“マルサの女=板倉亮子”を演じての2年連続の受賞である。今回は、監督でもある御夫君、伊丹十三氏によれば、「ほとんど女のハンフリー・ボガードです」というほどのハードボイルドぶりだったとか。その映画的に楽しく誇張されたキャラクターの魅力をあますところなく演じきる力量は、いまや伊丹映画にかかせないものになっている。(北海道出身)
優秀賞安田成美(バカヤロー!/マリリンに逢いたい)


デビュー当時は、アイドルとしての印象が強かったが、今では中堅女優とよんでもおかしくないほど演技の幅を広げている。優秀主演賞を受賞するのは今回が初めて。「バカヤロー!」では、あまりに理不尽なかたちで恋人に振られるOLを体当たりで演じて、ファンの共感を呼び、「マリリンに逢いたい」では、スキューバ・ダイビングにも挑戦するなど積極的な演技を見せてくれた。(東京都出身)
優秀助演男優賞
(C)日本アカデミー賞協会
最優秀賞片岡鶴太郎(異人たちとの夏/妖女の時代)


本格的デビュー以来、たった2作で性格俳優としての地位を確立してしまった片岡鶴太郎。自身では映画出演のときも、テレビやお笑いをやっているときも、気持ちのうえでのギャップはまったくないという。映画のスタッフには、演技に対する真面目な姿勢が高く評価されているようだ。若いファンを多く持つ人だけに、映画界を活性化するためにも、今後の活躍を期待したい。(東京都出身)
優秀賞緒形拳(華の乱/優駿/ラブ・ストーリーを君に)


過去、じつに7度、優秀主演賞を受賞。最優秀賞も3度、獲得しているが、助演賞を受けたのは、今回が初めて。昨年は、話題作「華の乱」のほか、新人俳優賞を受けた次男、直人のデビュー作「優駿」は親子で共演。また「ラブ・ストーリーを君に」では、同じく新人俳優賞受賞者である後藤久美子の父親役を演じるなど、若い人たちの演技を受けとめ、度量の大きさを示した。(東京都出身)
優秀賞川谷拓三(女咲かせます/つる-鶴-/母)


今の日本映画界にとっては欠かすことのできないバイ・プレイヤーのひとりといっていいだろう。これまでにも2度、優秀助演賞を受けている。昨年も「女咲かせます」での刑事、「つる-鶴-」での村人、「母」での寝たきりになってしまった父親と、どの役柄でも、巧みな演技で主役をしっかりと立てそれぞれの作品をより一層、印象深いものにしてくれた。(旧満州出身)
優秀賞田中邦衛(この胸のときめきを/優 駿/妖女の時代/TOMORROW 明日)


加山雄三の出世作「若大将」シリーズで人気を集めて以来、ときには主役を喰ってしまうほどの名脇役としての地位を維持している。優秀助演賞も今回が3度目の受賞だ。近年は、性格俳優として高い評価を受けている。昨年は「この胸のときめきを」「優駿」「妖女の時代」「TOMORROW 明日」の4作に出演。いずれの作品でも、その実力を発揮してくれた。(岐阜県出身)
優秀賞柳葉敏郎(四月怪談/ダウンタウンヒーローズ)


芸能界には、パフォーマンス集団“劇男一世風靡”の一員としてデビューしたが、児童劇団に在籍していたこともあり、演技者としては長いキャリアを持っている。日本アカデミー賞は、新人賞以来初めての受賞。「四月怪談」、そして「ダウンタウンヒーローズ」で、脇をガッチリと固める確かな演技を見せてくれた。将来も日本映画界の一翼を担う力になっていってくれることだろう。(秋田県出身)
優秀助演女優賞
(C)日本アカデミー賞協会
最優秀賞石田えり(嵐が丘/ダウンタウンヒーローズ/華の乱)


「華の乱」で演じた伊藤野枝は、舞台でも扮した役柄。その公演を見た深作欣二監督に直々に請われての出演だったという。大地にしっかりと足をつけたバイタリティあふれる大正の女性を見事に演じきりその期待に応えてくれた。助演賞は、今回が初めての受賞だが、第5回の優秀主演賞を受けている。若手実力派の一人といっていいだろう。(熊本県出身)
優秀賞秋吉久美子(異人たちとの夏/男はつらいよ 寅次郎物語)


第1回の優秀主演賞を受賞して以来、これまでに優秀助演賞も2度、受けており、今回が3回目。昨年は「男はつらいよ寅次郎物語」で、マドンナ役に初挑戦。また「異人たちとの夏」では、昔気質のすし職人のおかみさん役を演じて、庶民派としての一面を見せてくれた。いつまでも失われることのない新鮮な個性と確か演技力で、日本映画を支えている一人だ。(静岡県出身)
優秀賞池上季実子(華の乱)


鮮烈な印象を残した「陽暉楼」で第7回の優秀主演賞を受賞。助演賞を受けたのは、今回が初めてだ。今回の受賞の対象となった「華の乱」では、現実に深く絶望しながらも情熱のおもむくままに激しく生きた波多野秋子という女性を情感を込めて演じてみせた。育ちのよさとあいまって、スケールの大きな女優としての魅力は一層、先練されたものになってきている。(ニューヨーク出身)
優秀賞樹木希林(郷愁/つる-鶴-)


映画だけではなく、テレビ・ドラマなどでも名脇役としての実力は定評のあるところ。この助演賞も、2度目の受賞だ。昨年、出演した「つる-鶴-」でも、大寿の母親、由良という物語の構成の上でも重要な位置を占める役柄を演ずるとともに、「郷愁」では出演したシーンが少ないながらも、強い印象を見る者に残した。(東京都出身)
優秀賞名取裕子(異人たちとの夏/肉体の門/妖女の時代)


日本アカデミー賞を受賞したのは、今回が初めてになる。「異人たちとの夏」「妖女の時代」と2作で、同じく優秀助演賞を受けた片岡鶴太郎と共演。それぞれの作品で、特異な雰囲気を持つキャラクターを妖しく演じた。また「櫂」以来、3作目になる五社英雄監督との顔合わせ「肉体の門」では、大胆な演技を披露してみせた。映画界にも確かな地位を築いた一年だったといえる。(神奈川県出身)
優秀音楽賞
最優秀賞三枝成彰(椿姫/優駿)


現代音楽の作曲家として海外でも高い評価を受けており、数々の受賞経験を持つ。また最近では、テレビ番組の司会をはじめ、音楽の分野だけにとどまらない幅広い活躍を続けている。映画音楽でも多くの名作を生みだしており、この賞を受けるのも、昨年に続いて2度目。「椿姫」、そして「優駿」と、いずれも東京芸術大学出身らしい質の高い音楽を提供してくれた。(1942年 東京都)
優秀賞井上堯之(華の乱/パンダ物語)


ザ・スバイダ-スの一員としてデビューして以来ミュージシャンとして長いキャリアを持ち、ギタリスト、作・編曲家として高く評価されている。映画音楽も数多く手掛けており、日本アカデミー賞も優秀賞を受けたのは、今回で4度目。第10回では最優秀賞を獲得した。昨年は「華の乱」、そして「パンダ物語」の音楽を担当。それぞれの作品で質の高い仕事ぶりをみせてくれた。(1941年 兵庫県)
優秀賞佐藤勝(女咲かせます/敦煌)


第1回以来、優秀賞を受賞したのは今回で、じつに10回目。第3回、4回、7回では最優秀賞に輝いている。日本の映画音楽界を代表する一人といっていいだろう。昨年、手掛けた作品は「女咲かせます」と「敦煌」の2本。人情の機微にふれるコミカルな佳作からスペクタクル大作まで、どんな作品にもぴったりな音楽をつくりあげることができる豊かな度量を示した。(1928年 北海道)
優秀賞本多俊之(マルサの女2/妖女の時代)


昨年の最優秀賞に次いで、2年連続の受賞。前作に続いて「マルサの女2」の音楽を担当。パート1以上の衝撃を与えたいという伊丹監督の期待に応えた。た。また「妖女の時代」でも、この異色作が持つ独特の雰囲気を盛り上げることに貢献した。日本ではトップクラスのジャズ・プレイヤーでもあり、自身のアルバムも数多く発表している。(1957年 東京都)
優秀賞松村禎三(ダウンタウンヒーローズ/TOMORROW 明日)


古くから映画の音楽を手掛けており、その誠実な仕事ぶりには定評があるが、日本アカデミー賞を受賞したのは、今回が初めてである。とくに黒木和雄監督の作品の音楽は「竜馬暗殺」「祭りの準備」をはじめ数多く担当している。今回の「TOMORROW 明日」でも、この作品を一層、味わい深いものにしてくれた。また、「ダウンタウンヒーローズ」の音楽も同様に印象的だった。(1929年 京都府)
優秀撮影賞
最優秀賞椎塚彰(敦煌)


第7回の優秀賞を受けた「南極物語」に続く2度目の受賞。今回の「敦煌」も過酷な自然条件のもとでの撮影だったが、超大作だけに、大きなシステム中でやらせてもらった仕事という印象がそうだ。また中国側のスタッフとの共同作業は、お互いに映画人同士ということもあって、比較的短い時間のうちに意思を通じあうことができ、思いのほかスムーズに運んだという。(1935年 新潟県)
優秀賞木村大作(花園の迷宮/華の乱)


日本アカデミー賞は、撮影賞が正賞となる以前、第1回の技術賞を受けてから今までに7度、受賞している。第l0回では「火宅の人」で最優秀賞を獲得。これに続いて、再び深作欣二監督と組んだ 「華の乱」では、大正時代の時間と空間を鮮やかな映像世界につくりあげた。また「花園の迷宮」では大変危険な撮影だったため、多額の保険金をかけられたという。(1939年 東京都)
優秀賞斎藤孝雄/原一民(優駿)


斎藤は、黒沢明監督の「乱」で、第9回の優秀賞を受賞。原も数多くの作品を手掛けてきたベテランのコンビだ。今回の受賞作「優駿」では、北海道の雄大な大自然とともに、その中で展開されるドラマを確かな手腕で捉えきった。また、競馬場でのレースのシーンも、リアルな迫力あるものとしている。(1929年 京都府)(1931年 東京都)
優秀賞阪本善尚(異人たちとの夏)


長い間いっしょに仕事をしてきている大林宣彦監督の「異人たちとの夏」で初めての受賞である。とくにユニークな設定の作品だけに、日常のさりげない世界の中で異次元の感じを表現することにいちばん苦労したとか。そのために映像のトーンを変えることによって次元を分けるという方法をとってみたという。その成果は、しっかりとスクリーンに再現されている。(1942年 奈良県)
優秀賞鈴木達夫(疵/TOMORROW 明日/マリリンに逢いたい)


「マリリンに逢いたい」では「海の色が素晴らしかった」とは、この作品の製作者、奥山和由氏の言葉。「疵」「TOMORROW 明日」では、それぞれ今の日本にはなくなってしまった風景、雰囲気を巧みに映像化し、その確かな技量を発揮した。第3回の「太陽を盗んだ男」に続く優秀賞受賞。現在の日本映画界を代表する名手の一人といってもいいだろう。(1935年 静岡県)
優秀照明賞
最優秀賞梅谷茂(敦煌)


第4回の最優秀賞を「二百三高地」で受けて以来、これを含めて優秀賞を受賞するのは、今回が3度目。スペクタクルから室内劇まで、幅広い範囲をカバーするオールラウンドな技術を誇っているが、今回は「敦煌」という超大作で、その腕前を見せてくれた。中国西域の砂漠という雄大な自然と、そこで展開する人間ドラマが遊離することのない光と影が演出されている。(1932年 東京都)
優秀賞増田悦章(花園の迷宮/華の乱)


優秀賞を受けたのは、今回で6度目。 2度の最優秀賞にも輝く名手である。昨年は「花園の迷宮」、そして「華の乱」と昔日の美しかった日本を舞台とした2作品を手掛け、鮮やかな光と影を巧みに演出した。とくに前者では、おおがかりなセットの中で思いきった手法を用いて、美しい陰影をつくりあげ、豪勢な雰囲気を醸しだした。(1931年 京都府)
優秀賞望月英樹(優駿)


市川崑、深作欣二、降旗康男といった名監督といわれる人たちの信頼もあつく、優秀賞の受賞も今回が5度目になる。今年の受賞の対象となった「優駿」は、とくに屋外での印象的なシーンが多く、その中で自然の光を感じさせる美しい陰影を演出してみせてくれた。その熟練された絶妙な技術は、今の日本映画界にかかすことのできないものとなっている。(1937年 東京都)
優秀賞佐久間丈彦(異人たちとの夏)


長く松竹のスタジオの一員として映画に携わってきたが、この2月からフリーに。その最後の作品となった「異人たちとの夏」で受賞したことは、やりとげたという印象も強く、大変うれしく思うとのこと。この受賞を自分の人生のひとつのくぎりにしたいという。第3回での「衝動殺人息子よ」以来、2度目の優秀賞受賞だ。(1925年 東京都)
優秀賞水野研一(疵/TOMORROW 明日/マリリンに逢いたい)


「疵」、そして「TOMORROW 明日」では、時代の色を出すことが難しかったという。ことに現代ではなくなってしまった夜の深い暗闘を表現することに苦心したとか。また「マリリンに逢いたい」は犬が主役の作品。しかもほとんどが沖縄でのロケだったため、天候をにらみながら動物に演技してもらうという大変な仕事を成し遂げた。日本アカデミー賞は初の受賞だ。(1951年 東京都)
優秀美術賞
最優秀賞徳田博/寇鴻烈(敦煌)


日中が協力してつくりあげた超大作「敦煌」の美術を担当した二人。とくに寇は、日本アカデミー賞史上、初の中国映画界からの受賞者だ。徳田によれば、この受賞によって、中国側のスタッフの苦労がむくわれ、本当によかったという。これをきっかけに、両国の映画界がより親密になることを祈りたい。(1939年 大阪府)(1931年 中国山東省)
優秀賞朝倉摂/志村恒男(つる-鶴-)


二人が協力してあたった「つる-鶴-」での受賞。現実ではないファンタジーでありながら、誰でもが親しみを持てる民話の世界をつくりだした。また朝倉は衣装デザインの部分でも、センスを発揮。吉永小百合の映画出演100本を記念する作品にふさわしい清楚な衣装にも心を配った。(1922年 東京都)(1931年 神奈川県)
優秀賞木村威夫/池谷仙克(帝都物語)


木村は日本映画美術監督協会会長。文字どおり日本の映画美術の第一人者である。日本アカデミー賞も、第4回の最優秀賞をふくめ、5度目の受賞だ。一方池谷は特殊美術の専門家である。この二人の力がなければ、昨年、最も注目を集めた大作のひとつ「帝都物語」の完成はなかったであろう。(1918年 東京都)(1940年 東京都)
優秀賞薩谷和夫(異人たちとの夏/日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群)


「転校生」以来、大林宣彦監督のすべての作品で美術を担当し続けている。今回が初めての受賞だが、もちろん2本の大林作品によるものだ。「異人たちとの夏」では、普通ならロケで撮ってしまうような部分でもできるだけセットを組んで撮影したため、やりがいがあったとか。また「日本殉情伝~」では初めて、脚本の段階から参加することができたので大変、面白かったという。(1945年 東京都)
優秀賞内藤昭(姐あねご御/TOMORROW 明日/華の乱)


東映京都撮影所で活躍中のベテランだが、今回が初めての受賞だ。「TOMORROW 明日」では低予算ながら、見事に昭和20年の長崎をスクリーンに再現。「華の乱」でも、リアルな大正の日本をつくりあげた。また「姐御」では、この種の作品を手掛けるのは初めてだったため、現実を知ろうと、取材にまで出掛けたという。(1927年 京都府)
優秀録音賞
最優秀賞橋本泰夫/橋本文雄(敦煌)


同姓だが、血縁関係はない。コンビでの受賞は第10回の最優秀賞を獲得した「植村直己物語」に次いで2度目になる。前回の受賞作と同じく、佐藤純彌監督のもと「敦煌」で、最近の日本映画には珍しくスケールの大きな作品にふさわしい迫力あるサウンドをつくりだした。(1928年 京都府)(1944年 宮崎県)
優秀賞島田満/小尾幸魚(異人たちとの夏)


「異人たちとの夏」で、音づくりを努めたコンビである。特異なムードに統一された、この作品にあって、サウンドは重要な位置を占めている。二人は、大林監督の期待に見事に応え、雰囲気づくりに大きな力を発揮した。小尾は、「君の名は」から活躍を続けるベテラン。第8回の優秀賞も受けている。(1940年 神奈川県)(1920年 群馬県)
優秀賞橋爪功/松本隆司(男はつらいよ 寅次郎物語/ダウンタウンヒーローズ)


山田洋次監督の信頼のあつい二人。もちろん「男はつらいよ寅次郎物語」、そして「ダウンタウンヒーローズ」での受賞である。ロケ撮影が大きな部分をしめる、この2本の作品でも、臨場感のあるサウンドをつくりあげている。松本は、第6回でも受賞。コンビとしては、第10回に次ぐ優秀賞受賞だ。(1927年 神奈川県)(1928年 東京都)
優秀賞信岡実(優駿/リボルバー)


「お葬式」などによる第8回に続く、2度目の優秀賞受賞。映像に自然にとけこむ音づくりには定評がある。今回の受賞作「優駿」でも、北海道の広大な大地で撮影されたシーンをはじめ、様々な見せ場で映像の訴える力をさらに強いものにする技量を発揮した。また「リボルバー」でも、現実音とセリフとを巧みにブレンドし、画面から感じられるペーソスに深みを加えてみせた。(1934年 神奈川県)
優秀賞平井清重/荒川輝彦(華の乱)


荒川は今回が2度目、平井は5度目の優秀賞受賞になる。ともに深作欣二、五社英雄といった監督の作品の録音を担当している。今回、二人が手掛けたのは「華の乱」。とくにセリフが重要な位置を占める作品だったが、出演者が言葉に込めた感情を見事に再現してくれた。(1941年 滋賀県)(1935年 京都府)
優秀編集賞
最優秀賞鈴木晄(行き止まりの挽歌 ブレイクアウト/海へ-See you-/噛む女/敦煌/マルサの女2)


編集賞が日本アカデミー賞の正賞となった昨年、初の最優秀編集賞を獲得。これに次いで2年連続の優秀賞受賞である。今回も「行き止まりの挽歌 ブレイクアウト」「海へ-See you-」「噛む女」「敦煌」「マルサの女2」と、大作から話題作まで様々な作品を掛け、その誠実な仕事ぶりをみせてくれた。(1928年 大阪府)
優秀賞市田勇(姐あねご御/花園の迷宮/華の乱/肉体の門)


昨年に続いて2年連続の優秀賞受賞。今回は「姐御」「花園の迷宮」「華の乱」「肉体の門」と話題作、大作ばかり4本を手掛けての受賞である。その高度な映画的センスと確かな編集技術で、現在の日本映画界では最も強い信頼を得ている映画編集者の一人といっていいだろう。東映を支える裏方の代表である。(1932年 京都府)
優秀賞浦岡敬一(帝都物語/優 駿)


編集協会代表の組織委員なので、昨年より日本アカデミー賞でも編集賞が正賞となり、編集者が市民権を得たことは、大変うれしいという。過去に手掛けた「人間の条件」をはじめ、「東京裁判」では芸術選奨を受けるなど、その業績は高く評価されている。今回初めて「帝都物語」と「優駿」で、自身も日本アカデミー賞を受賞することとなった。(1930年 静岡県)
優秀賞太田和夫(異人たちとの夏/女咲かせます)


初めて大林宣彦監督と顔を合わせた「異人たちとの夏」は、モンタージュが複雑で大変、勉強になったという。一方、気心の知れた森崎東監督の「女咲かせます」では、その不思議な持ち味を損なわないように気を配ったとか。60歳を迎える今年、初めて賞というものを得た体験をひとつのけじめとして今後も頑張っていきたいという言葉から、謙虚な人柄がうかがえる。(1929年 京都府)
優秀賞冨田功(快盗ルビイ/木村家の人びと/バカヤロー!/1999年の夏休み/待ち濡れた女)


現在の若手編集者を代表する存在である。もちろん受賞は初めて。昨年は「怪盗ルビィ」「木村家の人々」「バカヤロー!」「1999年の夏休み」「待ち濡れた女」と5作を手掛けた。とくに森田芳光をはじめ、滝田洋二郎、金子修平といった若い映画作家たちとの積極的な活動には、目をみはるものがある。これからの活躍に期待したい。(1957年 東京都)
優秀外国作品賞
最優秀賞ラストエンペラー


清朝最後の皇帝、溥儀の生涯を壮大なスケールで描いた超大作。世界の目をもう一度、古い歴史を持つ東洋へと向けさせた作品だ。1988年の米アカデミー賞では、作品賞、監督賞、撮影賞など9部門を受賞した。とくに、出演もした坂本龍一はオリジナル作曲賞を獲得し、日本人では二人目の受賞者となった。(松竹富士)
優秀賞ウォール街


「プラトーン」で米アカデミー賞を受賞したオリバー・ストーン監督が、前作に続いて、アメリカ社会の歪みを告発し、大きな反響を巻き起こしたヒット作。金銭に心のすべてを奪われたエリートの行動と破滅を描いた。1987年10月の株価大暴落を予言したともいわれている。マイケル・ダグラスに1988年の米アカデミー主演男優賞をもたらした作品だ。(20世紀フォックス)
優秀賞危険な情事


ひとつのブームともなった「不倫」をテーマに、男女の間のちょっとした心の行き違いが恐ろしい結末となるまでを描いている。そのショッキングなストーリー展開が大きな関心を呼び、社会現象といっていいほどのヒットを記録した。エイドリアン・ライン監督の斬新な映像感覚は高く評価されており、新しいタイプのスリラーの名作としても長く記録されそうだ。(UIP)
優秀賞月の輝く夜に


素朴な家族愛と暖かい男女の心のかよいあいを描いた佳作。現代人が忘れかけている、だからこそ今いちばんもとめているものがテーマとなっているせいか、多くの人々の共感を呼んだ。1988年の米アカデミー賞では、主演女優賞(シェール)、助演女優賞(オリンピア・デュカキス)、脚本賞(ジャン・パトリック・シャンリー)を受賞している。(UIP)
優秀賞フルメタル・ジャケット


奇才スタンリー・キューブリック監督が放った衝撃作。ベトナム戦争当時、その戦場ではどんなことが起こっていたのかということを、あくまでも冷徹な視線で描いている。「プラトーン」に続き、ベトナム戦争をもう一度、考え直そうというアメリカ社会の動きにも大きな影響を与えるほどの注目を集めた。(ワーナー)
新人俳優賞
優秀賞緒形直人(優駿)


大ヒット作となった「優駿」でデビューを飾ったラッキー・ボーイ。しかし青年座研究所本科を経て、現在も実習科で研修を続けているという。演技の基本をしっかりと身につけた新人といえるだろう。運と実力を兼ね備えた本物のスターとなっていってくれることを期待したい。デビュー作で共演した緒形拳氏の次男である。(神奈川県出身)
優秀賞加藤昌也(マリリンに逢いたい)


1988年は、デビュー作「マリリンに逢いたい」に続いて、主演した「クレージーボーイズ」が公開された。モデルとしても海外で高い評価を受けていたルックスに加えて、体当たりで演技に挑んでいくガッツは、上記2作品を製作した奥山和由氏も高くかっている。新しい時代の肉体派大型俳優として、日本映画界に新風を巻き起こしていってほしい。(奈良県出身)
優秀賞中村橋之助(ダウンタウンヒーローズ)


歌舞伎役者、中村芝翫の次男として生まれ、4歳から舞台を務めてきているが、映画は「ダウンタウンヒーローズ」が初めての出演。しかも40年前の旧制高校生という難しい役どころだった。しかし、プロとして長いキャリアを持っているだけに、不自然さを感じさせることなく、見事に演じきってみせてくれた。今後もさらにスクリーンで活躍してくれることだろう。(東京都出身)
優秀賞後藤久美子(ラブ・ストーリーを君に)


日本中に美少女ブームを巻き起こし、既に大きな人気を集めていたが、1988年はついに映画の世界でもデビューを飾った。初主演作「ラブ・ストーリーを君に」では、アイドルを演技者として開花させることにかけては定評のある澤井信一郎監督のもと、その大きな存在感を発揮し、映画界の注目を集めている。今後は、どんな女優に成長していってくれるのだろうか?(東京都出身)
優秀賞中川安奈(敦煌)


超大作「敦煌」のヒロインの座を、海外を含む1万2000人を越す候補者の中から射止め、見事に演じきった。作品に負けないスケールの大きさは、日本映画界に久々に登場した大型女優であることの証明といっていいだろう。画家の中川一政氏、演出家の千田是也氏を祖父に持つという血筋の良さも手伝って、気品と知性も感じさせる新人だ。第二作「Aサインデイズ」も近く完成する。(東京都出身)
優秀賞宮沢りえ(ぼくらの七日間戦争)


デビュー前からモデルとして活躍していたが、「ぼくらの七日間戦争」の主役を一般公募に勝ち抜いて獲得した。その積極的な姿勢は、中学生の楽しい反逆を描いた、この作品での自然でエネルギッシュな演技からも見てとることができる。1989年は、NHKの大河ドラマ「春日局」に出演するなど、女優として大きく飛躍する年となりそうだ。(東京都出身)
特別賞企画賞
優秀賞「敦煌」製作委員会 代表 徳間 康快


15年来の企画を実現させ、成功させたことに対しての功績による。
優秀賞黒澤満


1988年の日本映画界の中で、質の高い娯楽作品を数多くヒットさせた功績が評価された。
話題賞

作品部門:「ロックよ、静かに流れよ」


俳優部門:「あぶない刑事」チーム