NEW CINEMA FACE 2020

★「NEW CINEMA FACE」について
第35回(2011年)より開催している新人俳優賞受賞者の撮り下ろし企画「NEW CINEMA FACE」。毎年、西武渋谷店の壁面に期間限定で掲出されると、多くの人々が現地に訪れ、ファンたちの交流・写真スポットの場として話題となっています。この企画に参加することを切望し、また自身のSNSで拡散する若手俳優も多くいる程の盛り上がりを見せています。8回目となる今年は、場所を渋谷から映画の街・日比谷に移して実施。次世代のスクリーンを担う新人俳優賞受賞者たちが一堂に会し、最新モードの装いで登場し新たな表情で魅了します。日本アカデミー賞協会が主催となり、東京ミッドタウン日比谷・日比谷エリアマネジメントご協力のもと、新人俳優賞受賞者のその輝かしい第一歩になることを期待して実施いたします。今、まさに旬な俳優が、この期間、この場所だけで魅せる「NEW CINEMA FACE」にご注目ください。


★受賞者ダイジェスト映像

★岸井ゆきの

★黒島結菜

★吉岡里帆

★鈴⿅央⼠

★森崎ウィン

★横浜流星

★「新人俳優賞」について
日本アカデミー賞の歴史の中で、第5回から設けられた新⼈俳優賞。1982年の初回の受賞者は佐藤浩市、真田広之、中井貴一、石田えり、かとうかずこ、田中裕子。この6人に始まる歴代「新人俳優賞」受賞者の方々はその後も「主演」「助演」で再び日本アカデミー賞を受賞されるなど各方面で活躍を続けられています。(※原則として映画初出演でなくとも、主演・助演クラスの大役を演じ、印象を与えた俳優を対象とします。)

このページのTOPへ