「第45回日本アカデミー賞授賞式 2022年3月11日(金)開催決定」

 困難な状況が長引き、そして未来への希望を寄せる今―
スタッフ・俳優をはじめ製作・配給・興行・各団体は、一丸となって「映画」をお届けし続けています。
その情熱に共鳴するかのように、多くのファンの想いもそこに加わり、「映画」はエンターテインメントとしての重要性を増してきています。

 映画に関わる全ての人々の栄誉を称えるため、日本アカデミー賞協会は「第45回授賞式」を開催いたします。
第45回日本アカデミー賞は、2021年1月1日~12月31日までに公開された作品で、選考基準(※以下参照)を満たした作品の中から投票によって選出されます。
まさに2021年を代表する作品が選ばれることとなります。
なお選考にあたる協会会員は、映画業界で多岐にわたる分野の業務を担う映画人約4000人によって構成されています。

 対象となる選考基準の一つとして、日本アカデミー賞設立当初からの理念=映画館での鑑賞を前提とする立場から、映画館のみで公開された期間が一定期間(2週間以上)ある作品が条件となります。
 本年もコロナ禍が続き、劇場公開の形式や期間などで様々なケースが想定されます。そうした中においても当協会は「映画館鑑賞」を重視しつつ、今後も授賞式としての進化をしていきたいと思っています。
 そして第45回授賞式は、日本および映画エンターテインメントの復興の一歩となることを目指してまいります。

 授賞式観覧チケットについては、改めてお知らせいたします。

2021年7月
日本アカデミー賞協会

【選考基準】
以下条件を全て満たした作品が対象となります。
- 対象期間中、東京地区に於いて有料で初公開された40分以上の劇場用 劇映画及びアニメーション作品。
- 劇場公開を目的に製作された新作で、東京地区の同一劇場で1日3回、かつ2週間以上映画館のみで連続して上映された作品
・ ドキュメンタリー、特別興行、イベント上映、再上映、映画祭のみで上映された作品は除きます。
・モーニング・レイトショーのみの作品は除きます。
・洋画のアニメーション作品は、外国作品賞の対象となります。
・撮影賞と照明賞は同一の作品で対象となります。
・同日含め先に配信、TVで放送されたもの及びTV放送の再編集劇場版は新作とみなしません。但し、放送後に新たに撮影された部分が大半の場合は、新作とします。
・邦画洋画の区別は、日本アカデミー賞協会の基準に基づいて判定しています。
・新人俳優賞は、日本アカデミー賞において受賞歴がなく、原則として映画初出演でなくとも主演・助演クラスの大役を演じ、印象を与えた俳優を対象とします。
これらを基に、各々の作品について、協会が確認・判断の上決定します。

第43回 日本アカデミー賞授賞式について
photo
日時:2021年3月19日(金)
レッドカーペット:14:45~
授賞式:15:00~(17:30頃終演予定)

場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
司会:羽鳥 慎一
          シム・ウンギョン(第43回最優秀主演女優賞「新聞記者」)

副賞協力:ブルガリ
協賛:サラヤ  横井定



◆第44回 授賞式 各種レポート
photo
※第44回 授賞式の様子
第44回 最優秀賞 受賞結果一覧
第44回 授賞式レポート
第44回 話題賞決定!
第44回 特別賞受賞者決定!
第44回 日本アカデミー賞 授賞式 司会者からのコメントはこちら
第44回 会長功労賞・会長特別賞・追悼動画はこちら

お知らせ
  • ● 第44回 日本アカデミー賞 話題賞が決定致しました。詳しくはこちらへ(2021.02.26)
  • ● 第44回 日本アカデミー賞 特別賞関係の受賞者が決定致しました。詳しくはこちらへ(2021.01.19)
  • ● 公式パンフレットで振り返る「日本アカデミー賞の歴史」のページを公開しました。詳しくはこちらへ
  • ● 新規会員に関して
    会員入会資格に関しては、「日本アカデミー賞とは」のページ内、「3.協会組織 ■協会会員資格」に掲載しております。
    希望の方は、職種を照らし合わせて、各職能協会又は当協会までご連絡をください。詳しくはこちらへ
  • ● 謹んで、樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2018.09.16)
  • ● 謹んで、高倉健さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2014.11.18)
  • ● 謹んで、三國連太郎さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2013.04.15)

ぴあ特別会員による映画レポート

日本アカデミー賞協会では、第29回より雑誌weeklyぴあとタイアップし「ぴあ特別会員」を選出しています。その年の「優秀賞」に投票、翌年の授賞式に出席出来るという貴重な会員権であり、自分で選んだ作品が「最優秀賞」を受賞するのか?を会場で直接ご覧になれる!という素晴らしい権利を勝ち得た方々で構成されます。
4月より、「ぴあ特別会員」には、毎月、映画のレポートをしていただきます。

(「ぴあ特別会員」の募集は、WEBぴあで毎年秋以降に実施しております。一般の人が、『日本アカデミー賞協会会員』になれるのは、この「ぴあ特別会員」になるしかありません。是非、皆様も次回ご応募下さい)


 佐々木悠衣さん 「唐人街探偵 東京MISSION」7月9日 MOVIXさいたまにて鑑賞
観ていて気持ちが良いほど豪快で面白い映画でした。全く予想ができない結末で、最後まで楽しめました。中国で大ヒットしたシリーズ第3作目、東京が舞台ということもあり……
続き

 神月 淳さん 「キャラクター」7月20日 横浜ブルク13にて鑑賞
サイコな殺人鬼の殺人現場に遭遇してしまう…など、非現実的なシチュエーションにも関わらずちょっとリアルにも感じられたのは、殺人鬼の人物背景が細かく設定されて……
続き
過去の受賞者・作品を振り返ります