第44回 日本アカデミー賞授賞式開催にむけて

 日本アカデミー賞協会は、収束の兆しの見えないコロナ禍において、次回第44回日本アカデミー賞授賞式の開催について議論を重ねてまいりましたが、2021年3月19日(金)に開催することに致しました。
開催にあたり、準備を含めたすべてにおいて、受賞者をはじめ携わるすべての方々の安全を第一に考えてまいります。

 「日本映画人による日本映画人のための日本映画の祭典を」
この設立主旨の下、1978年の発足以来、その年の日本映画界の一年間の総決算として授賞式を毎年挙行してまいりました。

 現在、映画界は未だかつて経験したことのない困難に直面しながらも、作品を観客に届けるため、製作・公開を進めています。そこには映画の灯を絶やすまいという映画人の気概が溢れています。
 そんな状況下で開催する「第44回日本アカデミー賞授賞式」はこの困難に立ち向う映画人の集大成となり、映画に携わる方々と映画ファンとが感動と喜びを分かち合うような式典になることを目指してまいります。
 改めて、この状況の一日も早い収束とエンタテインメント業界全体の復活を願います。

2020年9月
日本アカデミー賞協会
第43回 日本アカデミー賞授賞式について
photo
第43回 授賞式の様子

開催日:2021年3月19日(金)
場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
テレビ放送:日本テレビ
ラジオ放送:ニッポン放送




※映画館休業に伴う公開延期の状況を考慮し、授賞式も例年より2週間延期しての開催となります。
※今後の感染状況に注視しながら進め、準備を含め受賞者、スタッフ、お客様の安全を第一に考えてまいります。
※例年通り観客を迎えての式典を予定しております。鑑賞チケット販売など詳細は決まり次第ご案内いたします。
 なお、43回授賞式チケット購入者による優先的な販売は予定しておりません。


◇◆ 優秀賞投票(選考対象期間)について ◇◆
現状の公開状況を考慮し、選考対象期間を第44回に限り2020年12月31日(木)までといたします。
→2019年12月16日(月)~2020年12月31日(木)までに公開され、選考基準を満たした作品を対象とします。
詳細はこちら

◆第43回 授賞式 各種レポート
photo
※第43回 授賞式の様子
第43回 最優秀賞 受賞結果一覧
第43回 授賞式レポート
第43回 特別賞受賞者決定!
第43回 優秀賞発表 記者会見が行われました。
第43回 会長功労賞・会長特別賞・追悼動画はこちら

お知らせ
  • ● 第43回 日本アカデミー賞 特別賞関係の受賞者が決定致しました。詳しくはこちらへ(2019.12.17)
  • ● 「<2011~2018年『シネマエール東北 東北に映画を届けよう!プロジェクト』とともに活動して>」レポートはこちらへ(2019.03.08)
  • ● 第42回 日本アカデミー賞 新人俳優賞企画「New Cinema Face 2019」が始まりました。 詳しくはこちらへ(2019.02.19)
  • ● 謹んで、樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2018.09.16)
  • ● 公式パンフレットで振り返る「日本アカデミー賞の歴史」のページを公開しました。詳しくはこちらへ
  • ● 新規会員に関して
    会員入会資格に関しては、「日本アカデミー賞とは」のページ内、「3.協会組織 ■協会会員資格」に掲載しております。
    希望の方は、職種を照らし合わせて、各職能協会又は当協会までご連絡をください。詳しくはこちらへ
  • ● 謹んで、高倉健さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2014.11.18)
  • ● 謹んで、三國連太郎さんのご冥福をお祈りいたします。受賞歴をまとめました。詳しくはこちらへ(2013.04.15)

ぴあ特別会員による映画レポート

日本アカデミー賞協会では、第29回より雑誌weeklyぴあとタイアップし「ぴあ特別会員」5名を選出しています。その年の「優秀賞」に投票、翌年の授賞式に出席出来るという貴重な会員権であり、自分で選んだ作品が「最優秀賞」を受賞するのか?を会場で直接ご覧になれる!という素晴らしい権利を勝ち得た方々で構成されます。
4月より、「ぴあ特別会員」には、毎月、映画のレポートをしていただきます。

(「ぴあ特別会員」の募集は、WEBぴあで毎年秋以降に実施しております。一般の人が、『日本アカデミー賞協会会員』になれるのは、この「ぴあ特別会員」になるしかありません。是非、皆様も次回ご応募下さい)


 南 星佳さん(女性/10代)  「糸」9月9日 新宿ピカデリーにて鑑賞
 映画館は再開したものの、通常の50パーセントの入場という、今までにないあり方に正直最初はとまどいました。しかし、やはり私はこの環境が好きなんだなと再度実感しました……
続き

 宮崎 智也さん(男性/20代)  「ミッドナイトスワン」8月23日 試写会にて鑑賞
育児放棄によって愛を知らずに育った少女が、心と体の不一致により孤独に苦しみながら生きるトランスジェンダーの男性との出会いを描いた作品。作品のテーマは、世間の……
続き
過去の受賞者・作品を振り返ります